ゆるゆる都会暮らし

旅と食とフラメンコが好き。

google adsense フッター

妊娠・出産・育児

「いい子」って「親にとって都合のいい子」ですか?反省してモンテッソーリ本「ママ、ひとりでするのを手伝ってね」再読。

こんばんは。

今日は反省文です。

たいした出来事ではありませんが、わたしにとっては大きなショックでした。

 

麦茶が飲みたい

今朝、息子がダイニングテーブルに置いてあった、麦茶の入ったコップ(&蓋とストロー付き。ただし、蓋はちゃんとしてない)を取ろうとしました。

それを見たわたしは飲ませてあげようと、それを取って息子の口元へ持っていこうとしました。
そしたら、息子が泣きました。

・・・ん???

もしかして、今、わたし彼のやる気を台無しにしてる?
これって、お茶をこぼしたら掃除が大変とか、また着替えさせなきゃと思っての行動?

YES!!!

 

ちーん。。。(泣)

 

まあ、ひっくり返すにはちょっと量が多かったので、麦茶の量を減らしてから好きにさせました。
そしたら案の定、全部床に。でも服は濡れなかった。

息子は自分でコップをテーブルから降ろして満足そうでした。
そして、わたしが掃除をするのを眺めてから蓋で遊び始めました。

image

 

わたし、息子の成長の機会を奪おうとしていたんだと気付いてショックでした。
床は拭けばいいし、服やラグは洗濯したらいいだけなのにね。
自分の都合のいいようにしようとしていたよ。。。

トホホ〜。

 

 

「ママ、ひとりでするのを手伝ってね」

反省して、息子のお昼寝タイムに「ママ、ひとりでするのを手伝ってね」を再読。

1時間も寝なかったので、あまり読めませんでしたが、以下、わたしが「あー、これだこれだ」と思った箇所を引用しておきます。

 

根本的にたいせつなことはなんでしょうか。それは、この時期にだけ自然から与えられている幼児期一回限りの特別の生命力をたいせつにし、子どもが自然の力に従ってより良く生きられるようにしてやることです。

これが大前提。

 

わが子が、自然から「生命の課題」をもらっている時期に、親は「生命に仕える」ことを知る課題を自然からもらうのです。自分の考えや力で子どもを支配するのではなく、自ら生きようとする生命に仕えることを、この時期にこそ知らねばなりません。

耳が痛い・・・。

 

子どもが幼児期にあるときほど親のエゴや勝手さがまかり通るときはありません。

ですよね〜。
相手は無力な乳幼児。。。

 

子どもが自分の心と体を自分で使って、その時期に成し遂げなければならない課題にとり組めるよう励まし続けることが生命に仕えることです。大人がしてやるのではなくて、子どもに自分でさせるのです。

今日のわたしは完全にアウト。
大人の都合(掃除が面倒とか、また洗濯だーとか)で息子のやる気の芽を摘みました。

泣かれて気づいたのでまだ救いようがあるかな?(←ポジティブだけが取り柄です)

 

自分への一言

床が汚れたら掃除したらいい
服が汚れたら着替えさせて洗濯したらいい

自分の仕事が増えるから面倒だという大人の勝手な都合で「ダメ」と取り上げてはいけません。

「いい子」=「大人の言いなりになる都合のいい子」ではありません。

でも!

まだまだママさん2年生。
明日からまたがんばろうね♡

 

というわけで、自分へのご褒美にアイス食べて寝ます。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます♡

ラテ練習記録(時々お抹茶)のInstagram始めました。Instagram

離乳食記録ブログ「くまおくんのごはん日記」毎日更新中!
こちらもよろしくお願いします☆

ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけると嬉しいです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

google adsense 記事下

マイルブログ

ANAマイラーブログ「ANAマイル、ゆるゆる貯めています 」始めました! 普段のネットショッピングなどでちょっとひと手間かければ年1回旅行できる程度のマイルは貯まりますよ〜♪

くまおごはん

 離乳食スタートから2歳になるまでの息子のごはん記錄は別ブログ「くまおくんのごはん日記」で公開しています(幼稚園のお弁当記錄で再開予定)。

google adsense 記事下2

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

facebookページプラグイン

POLA RED BA

-妊娠・出産・育児
-, ,